プロフィール

らみゅ

Author:らみゅ
はじめまして(^v^)
お越しいただき、ありがとうございます♪
薬を少しずつ減らし、
結婚7年目にようやく子供が授かり、
2013年9月にママになりました。
アロマを活用して断薬に成功、
現在アロマの仕事の準備中です☆

----------------------------
<病歴>
1983年大うつ
1990年大うつ
2004年大うつ+パニック発作
通院開始(診断名:うつ病)
2005年(診断名:パニック障害)  
2008年(診断名:パニック障害・
反復性うつ病性障害) 
----------------------------

幾度も辛い思いはしたけれど、ほぼ回復しました(^^)
2013年冬に妊娠が発覚した時点で断薬。
「パニック障害」で苦しんで悩んでる方がいたら、「普通に生活できるくらい回復するから大丈夫だよ♪」と声を大にして言いたいです。
「どんなことがあっても前向きに生きていきたい!」と思う日が増えてきました。辛いことがあっても自分に負けないで向きあって、楽しいことを見つけて、もっと成長していきたいです(*^_^*)

このブログは認知行動療法を意識して綴っています。
小さな幸せを見つけながら、マイペースに続けていけたらいいなと思っています(^_^)

☆☆☆☆☆
ブログのリンクは基本的にフリーですが、一声いただけるとうれしいです。
お役に立てることができたら光栄です☆
過去記事を含めお気軽にコメントくださいね(#^.^#)
(中傷誹謗・宣伝等不適切と思われるコメントは削除させていただく場合がありますことをご了承くださいm(__)m
☆☆☆☆☆

らみゅ☆彡


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


最近のトラックバック


ブログ内検索


メールフォーム

メールはこちらから(^_^)↓

名前:
メール:
件名:
本文:


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
先日、産婦人科の定期検診を受けてきました。

単一臍帯動脈の方は、今回もきちんと確認は取れなかったけれど、
ねじれがあまりないためにまだ見にくいだけかもしれないと言われました。

今のところ他に問題が見当たらないし成長も順調なので、
あまり気にしなくて大丈夫ですよと言われ、
今回はひとまずほっとしました(^^)

前回の検診でちょっと不安なことを言われてから、
だいぶ健康を意識した生活をしていたのですが、
赤ちゃんにもちゃんと栄養が行っているみたいで、
ホントによかったです・・・

この感じでやっていきたいなと思います。


そして、もうひとつの転院の問題の方は、
第一希望の病院への紹介状をもらい予約もしてもらえたのでよかったです。
3週間後に受診します。


新しい病院へ送るFAXの内容が少し見えてしまったのですが、
そこの転院患者の紹介文欄には、
私のパニック障害等のことが半分、
あとは母親のアルコール依存症等のことが半分書かれていました。

そこの総合病院の精神科の受診時に感じた通り、
おそらく母親のアルコール依存症の問題、
アダルトチルドレン・・・
一般的に言われている遺伝的な問題、子供を愛せない場合も多い等、
そういう部分も考慮されたんじゃないかと思いました。

たしかに、私自身もすごく悩んだこと、
私は親になってはいけないんじゃないかって。

なので、パニック障害というだけで、
ハイリスク妊婦になったわけではないかもしれないです。

すみません、
前回の記事を読んだパニック障害をお持ちで、
妊娠を考えていらっしゃる方に、
余計な不安を与えてしまったかもしれませんね。

後は私の場合はアラフォーなので高齢というのも、
加算されているかもしれないです(^_^;)

次の病院で、先生に聞けたら聞いてみますね(^^)


前回までは、かなり大げさに精神的なことを扱われて、
ちょっと嫌な気持ちでいたけれど、
今はもうハイリスク妊婦として、設備の整ったところで分娩出来たら、
安心だなと思っています(^^)

とりあえず今は、分娩の予約ができればいいです!
無痛とか和痛とかできる病院への転院も考えたりしたこともあったけど、
そういう不安なんかよりも、
お腹の赤ちゃんが今日も元気にいてくれることが、何よりの願いで、
そんなことを考えながら、
けっこう平和に暮らしています(^^)

すこーしずつ親らしくなってきているのかな。

来週あたり保健所に行って、
産後のヘルパーのことなどを相談してこようと思います。

今は元気でやっているけれど、
やっぱり産後うつやパニックがひどくなる可能性もあると思うから、
そういう時のためにも、赤ちゃんを守ってもらえる準備を、
しっかりしておきたいなと思います(^^)

妊婦になって、本当にみなさんの優しさに感動することばかりです。

お守りを送ってくださったり、
心配してメールをくださったり、
今までたまにあいさつする程度だった大家さんとか顔見知りの方と
ゆっくりお話することができたり、
席を譲ってくださる方、レジの方が荷物を運んでくださったり、
日々幸せな気持ちにさせてもらっています。

もちろん生活していれば嫌なこともあるけど(^_^;)
9割方優しさに包まれた生活を送っています。
本当にありがたい環境です。

みなさんの優しさを絶対に忘れてはいけないし、
いつか必ず恩返ししたい。


本当にありがとうございます<(_ _)>

応援の「ぽちっ」をいただけるとうれしいです(^-^)
     ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
banner2.gif

スポンサーサイト
| BLOG TOP |
先週、6ヵ月検診に行ってきて、
医者から少しショックなことを2つ言われました。

ひとつ目のお話は、
その時のエコーでは、へその尾の動脈が一本見えないとのこと。
単一臍帯動脈かもしれない、
次回のエコーで見えたらいいんですけどね、
もし少ない場合は、染色体異常や奇形の可能性などがあります、
確率は全然低いんですけどね。

と言われました。
終わったあと、ネットで調べたら・・・
不安になるようなことがいっぱい書いてあって、
まだ決まったわけではないのに、
自分を責めたりして、少し落ち込んでしまいました。

主人といろいろ話し合いをして、
どんなことも受け入れようと覚悟を決めて、
でも、今は考えても仕方のないことなので、
あまり考えないようにすることにしました。

どんな状態であれ、赤ちゃんには
私が健康でリラックスして生活することが大事だと思うので、
身体や心にいいことをどんどんしたいと思います。


それと、もう一つのお話は、
精神科の施設が整っているところに転院した方がいいと
言われてしまいました。

ここは総合病院で小児科も精神科もあるし、
助産師さんの評判もよいし、
家から車で15分位で行けるということで決めたんです。


初診時から、パニック障害など今までから現在のことも話し、
かかりつけ医からは精神科のないところでも大丈夫だと言われたけど、
私が少し不安だから精神科も入っているこちらを希望したと話をしました。

かかりつけ医からの紹介状をもらうように言われて渡したり、
総合病院の精神科の先生ともお話したりして、
最終的には私が決めていいと言われていたのですが。。。

大きい病院だからよくあることみたいですけど、
リスクばかり言われて、正直、
どんどん不安が大きくなってしまっていました。

今までそんな状態にもなったこともないし、
聞いたことのないことを言われて、

たとえば・・・
出産前に、あなたが不安定になったら、
手足を縛って、お腹も縛って、
精神科の入院施設があるところに搬送します。
それでもいいんですか?
とか。

そこまでになる可能性は低いと思うから、
その時はそうしてください。
と私は言いました。

でも、数々の言葉に、少し自信をなくしてしまったので、
その後、かかりつけ医に話をしたら、
「おおげさだね。
大きな病院は、枠やデータに当てはめて、
本人を診ないのが問題になっているの。
気にしない方がいいよ、今のあなたは大丈夫だから。
たしかに産後うつとかになる可能性は、
あなたに限らずみんな高くなる。
でも、その時はうちに来れば大丈夫よ。」

そう言われて、冷静さを取り戻したけども・・・

検診に行くたび、
精神科に通院していること、
あと、これはなんとなくですけど、
私のおいたちとかを何度も聞いてくるので、
今の私よりも、今までどんなことがあったかが
重要なんだと感じました。

そういう扱いを受けるたびに、
とても悲しい気持ちになりました。


こういうことが検診のたびにあって、
先週の検診ではまた別の先生に、
過去のカルテを見ながら、
初めてはっきり言われました。

「当院では、精神科に通っている方は、
夜の対応ができないので(精神科医が夜間にいないから)
基本的にはお受けしてないんですよね。」

そうだったんだ・・・
今まで10回近く通って、
あなたが決めていいですよって言いながら、
リスクを言って転院させようとしていたんだ・・・
なんだか、すごく納得できました。

初めにそういう方針だって言ってくれれば、
別の病院探したのに。
すぐに分娩の予約もしたし、
少しでも不安をなくすため、
お友達を作ろうと母親学級も行きました。

でも、私も、病院探す時に、精神科で探すのではなくて、
精神科の入院施設もあるところにすれば、
こういうことにはならなかったんだなぁと反省しました。

たしかに、念の為、受け入れ態勢がある方が安心ですしね。
やっぱり、うちに任せなさい!っていうところで、
お願いしたいから、
少し遠くなってしまうけど、2つの病院を紹介されたので、
空きがあればどちらかに転院することに決めました。

早く新しい病院に行って、
そこの産婦人科の方針などを知って、雰囲気に慣れたいです。

こんなことがあり、少しもやもやしていましたが、
お腹の赤ちゃんが一番大切!
ストレスを流し、ちゃんと食事取って、睡眠取って、
穏やかに過ごすようにしています(^^)

応援の「ぽちっ」をいただけるとうれしいです(^-^)
     ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
banner2.gif

| BLOG TOP |
GW中に、まさかの休日外来に行ってきました(´-ω-`

前日、久しぶりに美容院に行ってきたのです。
つわりがひどくなってから約3ヶ月、
1人では近所に買い物行く位しかしていませんでした。
化粧もせずひどいもので(^_^;)髪の毛は伸び放題。

安定期のうちに美容院に行っておこう!と思い、
いきつけの美容院に電話して相談したら、
今の時期がおススメとのことで行ってきたのです♪

カラーとカットの予定だったんですけど、
いろいろ相談しているうちに、
しばらくこれなくても大丈夫なように、
今日体調がよければパーマもかけようということになり、
フルコースにしました。

結局5時半かかり、少しぐったり(^_^;)
でも、女性スタッフのみの美容院で慣れているのか、
すごくみなさん気を配ってくださって、
ありがたかったです。

久しぶりに活気のある街を歩いて、刺激がありました。
髪の毛もさっぱりして気分転換したーと思っていたのですが・・・

時間が遅くなってしまったので、
お総菜やさんでお買い物。
すごくお腹が空いていたのもあり、
久しぶりにとんかつが食べたくて、買いました。

家に帰って、食べ始めて少しすると、
お腹全体がキューーー・・・と痛み始めました。

赤ちゃん大丈夫だろうか・・・ってすごく不安になって。
でも、様子をみていると、どうやら下腹部じゃなくて、
痛いのはみぞおち。
出血もないし、子宮じゃないなと思って少しほっとしましたが、
座っているのがつらくなったので、横になりました。
でも、痛くて眠れなくて(>_<)

この痛み方は、また胃炎か胃潰瘍だなと思ったけれど、
今は薬飲むわけにもいかず。

いつものように、消化が進んだら治まるだろうと思ったけど、
妊娠中は、胃の働きも弱く、
胃の位置も変わってきているからか、
なかなか痛みが治まらなくて、心配になってきました。

主人が心配して、(めずらしく?)横で手を握ってくれたので、
少し不安が治まりました。
でも、主人が赤ちゃんのことを、すごく心配してるのを感じました。
何も言わないし、聞いてこないけど、握ってくれた手が、
とても心強くてあたたかくて、初めてパパらしさを感じました。

「下腹部じゃないし、出血もないし、胎動があるから、
赤ちゃんは大丈夫だよ(^^)」って言ったら、安心してました。

会話して気を紛らわしたりしているうち、
仕事で疲れていた主人は寝息をたてはじめ、
私も寝て痛みを忘れたいけど、眠れず・・・
胃の痛み位で夜間外来も高いしなーと思って、
ネットでいろいろ対処法を調べました。

結局6時間位我慢した後、脱水予防と胃の粘膜を保護するために、
白湯と常温にしたヨーグルトを少し口にしたら、
痛みがやっと少しずつ落ち着いてきてくれました。

翌日、試しに朝食を少し食べてみたら、
またもや激痛・・・(>_<)

胎動は確認できていたけれど、
痛みのストレスは赤ちゃんにあまりよくないみたいだし、
このまま栄養を取れないものよくないと思ったので、
病院に相談して救急外来に行くことにしました。


エコーで赤ちゃんが元気なのを確認できてほっとしました。。。
結局、胃の粘膜を保護する薬で様子をみることに。
医者にも薬剤師さんからも、
赤ちゃんには影響ないと言われたので、飲むことにしました。

そしたら、食事ができるようになり一安心。
薬の力ってすごいですね。

産婦人科で診てもらったから保険がきかなかったので、
約2万円かかってびっくりです!
かなり高い安心料となりました(^_^;)

お医者様のお話では、
もともと胃の弱い人は、つわりがひどい傾向があるとか。。。

これからもっとお腹が大きくなるにつれて、
胃が圧迫される関係で、胃痛がでやすくなるらしいです。
胃潰瘍経験者は気をつけた方がいいみたい。

精神的なことだけでなく、もともと弱い体のケアも
しっかりしなくちゃいけないんですね。


何を無理をしているか、ストレスなのか、
わからなかったりします。

妊娠してつわりがひどくなってから、
電車に乗ることが怖くなって、ずっと避けていました。
つわりからの吐き気だったり、あと脳貧血の不安・・・

あとは、混雑している繁華街を歩いていた時、
誰かお腹にぶつかるんじゃないかって、
すごく不安感がいっぱいでした。

久々の長い外出、
家についたら、どっと疲れが出て、
倒れこみました(^_^;)
あー、出血の安静やらつわりで3か月こもっていたからか、
体力おちたなーーーって、思いました。

空腹時に揚げ物を口にして、
胃をさらに傷つけてしまったのかなーと思います。

妊娠中は、いろんなマイナートラブルがあるんだなということを
体感しています。

経験してみないとわからないものですね。
もっと体調管理、気をつけようと思います☆

応援の「ぽちっ」をいただけるとうれしいです(^-^)
     ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
banner2.gif

| BLOG TOP |
もう5月ですね!
GWですが、主人は土日しかお休みがないので、
今日もいつも通り一人でお家にいます(^^)

仕事をしないでこんなに家にいる生活って、
今までなかったから不思議な感じです。

最後の出血から1ヶ月経ちました。
買い物行ったりしても全然出血しなくなったので、
絨毛膜下血腫の方はなくなったみたい。
来週の検診で聞いてみます(^^)

私はもうすぐ妊娠6ヶ月になるところです。

不安障害を持つものとしては(^_^;)
やっぱりあれこれ必要以上に心配してしまって、
赤ちゃんによくないと言われているけど、
なかなか気持ちを切り替えられない時も多かったです。

今は薬に頼れないし、
趣味のアロマテラピーも匂い悪阻でできないし、
主人も転職したばかりで大変だからあまり甘えにくいし、
涙が勝手にこぼれてきてしまったりして。。


それが、先週あたり、
胎動が頻繁にわかるようになってから、
ぐんぐん力が湧いてきました。

まず、この子が元気だとわかるようになったことで
不安が小さくなりました!

そして、この子のキックが、現実に戻してくれるんです。
「ママ、ボクはここにいるよ」って言っているみたいで、
すごく愛おしくなります。
まだ性別わからないけど(^_^;)

お腹の赤ちゃんにはお見通しなのだと思うから、
くよくよしてしまった時は、ごめんねって謝って、
大好きだよっていっぱい話しかけてます。

あなたのことはママが守るから、安心してお腹にいてねって。
こんな私だけど、この子を愛おしく想う気持ちは本物。

今は、ママになる準備をする大切な時間なんだなぁと
心から思えるようになってきました。

自分のことでは、
体調のこと、お金の心配、引っ越しのこと、
出産時のこと、産後のお世話のことなど
不安材料はあるけれど、少しずつ調べたりして、
不安解消方法を見つけていけたらいいなと思います。

体調の方は、妊娠をしてから心拍数も上がってきているからか、
動悸や閉塞感など敏感になってきていますが、
まだ発作にはなっていません(^^)

今までの経験を活かして、
部屋やお風呂の窓を少し開けたり、
呼吸法を行ったりして対処しています。

今のところ、一番つらかったのはやっぱり吐き気ですね。。。
結局ずっと我慢し続けました!
「吐けば楽になるのに」っていう周りの言葉には
どうしても従うことができず、
嘔吐恐怖の頑固さが勝ちました!

これからもパニック星人がどれだけ邪魔してくるかわからないけど、
うまく付き合って、まずは無事出産をしたいです☆


p.s.すみません、コメント返し少しお待ちくださいね!
夕方になるとやっぱりつわりが(><;)


応援の「ぽちっ」をいただけるとうれしいです(^-^)
     ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
banner2.gif

| BLOG TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。